食を通じた貢献支援

魚沼産コシヒカリ

当社は、1995年よりフードバンク活動に参画しております。
毎年、送付先不明等で返送された株主優待米を日本赤十字社に寄贈しています。
寄贈した食料は同団体を通じ、児童養護施設に届けられます。
2018年までに約4900kgの米を寄贈しています。

「こどものみらい古本募金」

古本の回収ボックス

内閣府等が主導する「子供の未来応援国民活動」の一環である「こどものみらい古本募金」(古本を活用した寄付プログラム)に取り組んでいます。
古本の回収ボックスを当社の全店舗に設置し、1冊でも多くの古本を募るべく努力しています。
回収された古本等の買い取り査定額が「子供の未来応援基金」へ寄付されます。
寄付された資金は同基金を通じ、「学びの機会」や「衣食住」が十分でない子供たちを支援しているNPOなどの民間団体の支援に使われます。

医療研究向上の支援

人類の疾病の予防と治療技術の向上のために、医療関係の財団に毎年寄付を行っています。
寄付した資金は同財団を通じ、研究者の海外留学の助成や国内外の研究者の情報交換の援助などに役立てています。

投資セミナーを通じた復興支援

当社は、毎年開催されている東日本大震災義援金セミナーに2012年より協賛しております。
同セミナーは協賛金とセミナーの参加費を義援金として集め、集められた義援金は
石巻と東北地方への教育支援を目的とした「テイラー・アンダーソン記念基金」に寄付されます。

働きやすい職場環境の実現

当社では、働きやすい職場環境を実現するため、2017年8月より、働き方改革を実践しています。働き方改革により創出した時間で、社員一人ひとりが自己啓発やプライベートを充実させることで、ワークライフバランスの実現に取り組んでおります。
自己啓発では、様々な資格取得の費用を会社が一部負担するなど支援を充実させ、
質の向上を図ることで生産性を高め、働きやすい職場環境の実現に取り組んでおります。

環境への配慮

低燃費車の導入や古紙再生紙などの環境配慮型製品を使用しています。
また、本社が入居するビルは、LED照明の採用や自動調光システム・最小外気量制御(CO2制御)システムの導入など環境への配慮が充実しています。

SDGsの推進

当社は国連で採択されたSDGsの趣旨に賛同するとともに、SDGs達成に向けて企業の社会的責任を果たしていきます。

SDGsとは

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称であり、"誰一人取り残さない"世界の実現に向けて、国連が定めた2030年を年限とする17の目標と169のターゲットからなる国際目標です。
あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対応するために日本を始め先進国を含む全世界が取り組みを進めています。

なお、当社のCSRへの取り組みのうち、SDGsに該当する活動は以下の通りです。

当社のCSRへの取り組み SDGsの項目
食を通じた貢献支援

「こどものみらい古本募金」

医療研究向上の支援

投資セミナーを通じた復興支援

働きやすい職場環境の実現

環境への配慮